サムライトのミッション

mission

経営理念

サムライトのミッションは、「広告を情報に変える」というもの。スマートフォンやソーシャルメディアの台頭により、情報が溢れる現在、従来型の「一方通行な広告」では消費者に見向きされなくなってきています。だからといって、誤操作を誘う広告や、しつこく付きまとう広告手法を提供していては、ますます企業と消費者との距離が遠くなるばかり。 我々はコンテンツを通じて、企業が伝えたいメッセージを、消費者にとって「価値のある情報」に変えることで、新たな出会いの機会を創出できるようなサービスの提供に取り組んでいます。 我々が取り組むオウンドメディア事業やネイティブ広告事業は、webマーケティング領域における、立ち上がったばかりの新たな市場です。ルールや定義などがまだまだ確立されていない中、このミッションのもと、健全な市場の成長を先頭に立って牽引できるような存在を目指します。


サムライトが大切にする考え方

働くメンバーの「WILL」を重視する
サムライトは、働く一人ひとりの「WILL」=「やりたいこと」を尊重する会社です。「将来、起業するために新規事業の立ち上げを学びたい」「編集者の地位を向上させたい」「地方活性化のために情報発信スキルを身につけたい」など、サムライトで働くメンバーそれぞれの夢や目標、実現したい思いに近づけるよう、会社としてサポートを惜しみません。

コンテンツ制作者の地位を向上させる
サムライトでは、コンテンツ制作に関わる編集者やライターが正当な評価を得られる環境作りに取り組んでいきます。そのためにまず、我々が提供するコンテンツの質に徹底的にこだわりを持ち、そのコンテンツによってクライアントのマーケティングゴールを達成することに強くコミットしています。コンテンツ制作者がスポットライトを浴びる機会を増やすべく、一つひとつのコンテンツ制作に対して真摯に取り組みます。

「楽」をするより「楽しく」する
ミッションや上記の考えを実現するため、サムライトでは仕事に対して取り組むスタンスを重視しています。それは、「楽をしよう」と考えるのでは無く「楽しくしよう」と考えること。同じ「楽」という言葉ですが両者には大きなスタンスの違いがあります。会社として、一人ひとりの仕事が楽しくなるような工夫や環境作りを行い、ワクワク感を持って業務を行うことに注力していきます。

創業者メッセージ

私がサムライトを設立した理由、それは現状の「ユーザーにとって邪魔な広告」に課題を感じていたからです。我々はオウンドメディア事業を中心に「コンテンツ企画・制作」と「コンテンツ配信」を組み合わせたサービスの提供により、広告主とユーザーの関係性を改善し、「広告を情報に変える」ことを目指しています。