Pocket

鹿児島放送において放送されている報道番組「KKBスーパーJチャンネル」内の特集において、サムライトの取り組みを取材していただきました。

「南の島に移住したいので、退職したい」。そんなメンバーの声に対して、サムライトでは“従業員の履歴書を豊かにする”、“新しい働き方を育む” という経営理念に沿って、「離島で社員としてリモートワークを行う」という選択肢を提示しました。

その際の経緯はこちらもご覧ください: 【社長ブログ】ある日、エース社員が南の島に移住したいと言ってきた。どうするおれ。

そのメンバーが移住したのは、鹿児島県の南に浮かぶ自然豊かな亜熱帯の島、奄美大島。東京の会社に籍を置きながら、離島で働くというのはIT業界ならではの新しい働き方でもあるとともに、奄美大島、また鹿児島県でもめずらしい先進的な取り組みであることから、取材いただくことになりました。

特集のテーマは「離島におけるIT産業の可能性」。奄美大島にてリモートワークするメンバーに関するストーリーと、サムライトが用意した「新しい働き方」の選択肢やその狙いについて取り上げていただいています。

サムライトでは、今後も“従業員の履歴書を豊かにする”、“新しい働き方を育む”という経営理念に沿って、従業員がイキイキと仕事に取り組める柔軟な働き方の選択肢を提供し、本当の意味での「働き方改革」の実現をめざしてまいります。

※画像は鹿児島放送様より特別に使用許可をいただいたものです

Pocket