Pocket

「ShopNow(Instagramのショッピング機能)の承認が下りない…」ショップの悩みを解決する「成果報酬型導入プラン」イメージ

【トピックス】

・日本では2018年6月に導入されたインスタグラムのShopNow機能。
導入により、Instagram経由のトラフィックが1,416%に増加した事例もある。
・しかし、ショップ側からは「ShopNowの導入の承認が下りない」という声が多数。
・そこで、導入設定後、承認が下り、実装が完了した段階で料金が発生する「成果報酬型導入プラン」を提供開始。

コンテンツマーケティング支援において国内トップクラスの実績を誇るサムライト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:池戸聡、以下「サムライト」)は、「ShopNow導入の設定をしたが、承認が下りない。」というショップの悩みを解決すべく、新たに「成果報酬型導入プラン」の提供を開始します。

 ■ShopNow成果報酬型導入プランとは?

これまで弊社が提供してきたインスタグラムのショッピング機能(ShopNow)の導入サポートでは、導入設定やそのサポートに対して料金が発生する体系となっていました。

新プランでは、ShopNow導入設定後、承認が下り、実装が完了した段階で料金が発生するため、ShopNow導入を検討しているショップ等は、リスクなく導入サポートを依頼することが可能となります。

<プラン内容>

ShopNow機能の導入が完了した場合にのみ、10万円 /1アカウント
※申請を設定してから、7営業日までに実装を目指します。

詳細について問い合わせる

■ShopNowについて

ShopNowとは、Instagramのオーガニック投稿から「画像に写っている商品」をタップするだけで商品購入が可能になる機能を指します。 これまでInstagram上から自社サイトへの直接的な誘導や購買促進は難しいものとされていましたが、当機能によりInstagramユーザーの購買活動が容易・活発化することが期待されています。

■ShopNowの先行事例

すでにShopNow機能を活用している海外アカウントの好事例をご紹介します。 ECサイトを運営している企業にとっては、非常に重要なチャネルとなり、 これからECサイトの展開を検討している企業にとっても、検討すべきマーケティング施策であるといえます。

・Natori:衣料品ブランド。Instagram経由のトラフィックが1,416%に増加
・Magnolia Boutique:婦人服ブランド。Instagram経由の収益が20%増加
・Native Union:ガジェットブランド。Instagramのトラフィックが2,666%増加
※参照: https://www.bigcommerce.com/blog/instagram-shopping/

■ShopNow 成果報酬型導入プラン、誕生の背景

日本では2018年6月から、Instagramのショッピング機能が導入されました。それからショップタグのついた投稿が多く見られるようになり、ショッピング機能の浸透が見受けられました。

サムライトでは、ShopNowの国内導入開始当初から、導入サポートを行なってまいりました。しかし、サービスを提供するなかで、特に多くショップ管理者の方々から問い合わせをいただくのが、「ShopNow導入の設定をしたが、承認が下りない」というものです。

そこで今回、「導入の承認が下りない」という課題の解決のために、より安心して導入サポートをご依頼いただける、成果報酬型の新プランの提供を開始するに至りました。

■ShopNow 成果報酬型導入プラン提供開始にあたって

サムライトはコンテンツエージェンシーとして、コンテンツマーケティングにおいて重要なトリプルメディア(オウンドメディア・アーンドメディア:SNS・ペイドメディア:Web広告)領域において多くの企業のサポートを行ってきました。

今回の成果報酬型プランは、インスタグラムのショッピング機能(ShopNow)導入により生じたニーズに応え、より多くの企業やECショップのマーケティングゴールの達成をサポートすることをめざすものです。

サムライトでは今後もお客さまや市場のニーズに応じ柔軟にサービスを提供することにより、企業のビジネスやマーケティングに貢献してまいります。

詳細について問い合わせる

■本プレスリリースに関するお問い合わせ

サムライト マーケティング/広報チーム

Mail:pr@somewrite.co.jp
TEL:03-6427-5187

Pocket