大上、サムライトを退職します。そして、チャンピオンになります!


こんにちは、サムライトの大上です!熱く楽しく2年4ヶ月働いてまいりましたが、7月31日をもってサムライト株式会社を退職いたしました。

退職というと、「会社の方針と合わなかった」「労働環境が酷すぎた」などネガティブな理由を想像されるかもしれませんが、僕の退職はとてもポジティブなものです。

サムライトでの経験を通じて起業します!!!会社でよく「チャンピオンになる!」と叫んでおりましたが、とうとうチャンピオンを目指して外の世界へ飛び出すこととなりました。※チャンピオンの定義は聞かないでください。(笑)一番になりたいと思って叫んでいるだけです。

サムライトを去ることになりましたが、多くの人に自慢のサムライトを知ってもらいたいと思い、この記事を最終出社日に書いています。

サムライトを新卒1社目として選んだ理由

大学卒業後にそのまま起業するよりも、まずは修行も兼ねて企業に就職するべきと考え、就職先を探しておりました。

そこで未来を創るスゴいベンチャー101に載っている企業に片っ端からテレアポして、サムライトと出会いました。

サムライトに惹かれた点は、大きく3つです。

①自分の思い描くスタートアップ像に近しかった

スタートアップといえば、
・とてつもなく高い目標を掲げ、
・全社一丸となって、
・めちゃくちゃ働く
というイメージが学生当時にありました。

まさにそのイメージ通りの会社がサムライト。みんなめちゃくちゃ働く分、会社も人も成長速度が他社とは全く違うと感じました。

そのおかげで入社以降2年半の間に、鳥肌が立つような興奮を覚える瞬間に何度も立ち会うことができました!

編集者の力のこもったコンテンツに思わず泣いてしまった時、

上司の素晴らしいプレゼンでクライアントのマーケティング担当者が即決した時、

広告運用担当の施策の費用対効果が、他社に比べて圧倒的に良かったことを告げられた時、

思い返せばキリがありません。

「自分がプレーするなら、レアル・マドリードとJリーグのチームのどっちがいいか?」という考えで、他の内定先を全て蹴ってサムライトに入社して良かったと思います。

②代表取締役の池戸に「会社を踏み台にしていい」と言われた

「将来は起業したいです!」「新規事業も立ち上げたいです!」「サムライトをFacebookくらい大きい企業にしたいです!」と面接で願望ばかり話す自分に対して、池戸は開口一番、こう言いました。

「いいね、全部実現しよう。君はサムライトを踏み台にして羽ばたきなさい!」

そこから僕はサムライト、そして池戸の熱狂的ファンになりました。

③創業者の柴田に憧れた

学生の頃にサムライトを調べて、柴田のインタビュー記事をたくさん読みました。
サムライトの勝算や柴田の生い立ちを読んで、「この人みたいになりたい!だからこの会社に行く!」と、柴田目当てでサムライトの面接を受けに行ったことを今でも覚えております。

ということで、柴田のおすすめ記事をご紹介しておきます!(笑)

起業家と投資家の“二刀流”でフォーブス6位。柴田泰成のスタートアップ創業術

「楽しい!」と思うことがすべての原動力 ―“自信”を追求すれば目標は達成できる

半年で武器をつくって起業する

サムライトで得たこと・学んだこと

サムライトで学んだものが僕の全てです。

マインド、ビジネススキル、人間としての成長すべてをサムライトで得ることができました。

なかでも一番学んだことは、「愛」についてです。

僕は以前、新規事業の責任者を務めておりました。しかし、事業を順調に成長させることができず、悶々としておりました。

プロダクトがダメなのか?ターゲットが違うのか?営業方法がダメなのか?そんなことをずっと考えている時に、以前のチーム上司が僕に教えてくれました。

「人を愛するように、自分の事業を愛さないとビジネスはグロースしない。そして人を愛するように、自分の組織や会社を愛さないと組織は良くならない」

小手先のテクニックではなく、根本の気持ち(愛)がとても重要ということを学びました。

それ以降、事業やサムライトに対する思考占有率が上がりました。愛するということは、その事業や組織のことを想う(考える)総量だと思います。

考える総量が増えると、新しい施策が次々と思い浮かんだり、メンバーも自身の命を燃やしながら働いている分、喜びやワクワクを感じられるような職場を作ろうと、心が入れ替わりました。

事業や組織への愛するようになり、事業も組織も少しずつ好転していきました。

7つの願望

全従業員に退職の旨を報告した際、同僚に「いつもチャンピオンになりたいって言っているけど、大上の願望を記事に書いて」と言われました。

ということで、7つの願望を書き並べてみます。

1. 起業を成功させたい!(やるからには勝ちたいですよね)
2. 大上、すげーと言われたい(欲の塊でごめんなさい)
3. 雑誌やメディアに載りたい(これまた欲の塊)
4. 美味しいご飯を食べたい(肉とかピザが好きなんです。)
5. 良いところに住みたい(別にココ!って場所があるわけではないんですけどね。)
6. サムライトでお世話になった人に恩返しをしたい
7. サムライトマフィアを作りたい

思ったより自分の欲望が少ないことを再認識したので、サムライトマフィアについてお話したいと思います!(宣伝ですw)

サムライトマフィア構想とは

ペイパル出身者がそれぞれ起業して有名になったように、サムライトに入社した人が、サムライトの看板をひっさげて、自分の夢に挑戦していくような会社になればいいなと思っています。

ただ単純に「サムライト出身の人はすごいよねー」と多くの人から言われたいのです!

そして、その集団がサムライトマフィアと呼ばれるようになりたいんです!なぜならカッコいいから!

リクルートは「起業家輩出企業」と呼ばれていました。これからはサイバーエージェントやDeNAなどのメガベンチャーがそう言われることでしょう。

そしてその次は、「サムライトって起業家輩出企業だよね」と言われたいと強く願っています。

ですから、「将来起業したい!」「圧倒的に成長したい!」と思っている方がいましたら、サムライトに是非遊びに来てください!

サムライトでは「チャレンジに成長あり。チャレンジに失敗なし。」と口がすっぱくなるほど言います。

そのため社内のメンバーは高い壁だろうと何度でも挑戦しますし、経営陣は挑戦することに対してウェルカムな人たちばかりです。

会社を踏み台にして、自分のキャリアを大きくしたいという方には、本当にオススメの会社です!(褒め言葉ですw)

最後に

僕のわがままを快く送り出してくれた経営陣に感謝しかありません。
僕の挑戦を心の底から応援してくれた社員に感謝しかありません。
僕をここまで育ててくれたサムライトに感謝しかありません。
感謝の気持ちを力に変え、結果で応えたいと思います。

サムライトに幸あれ!!!

※私個人のチャンピオンロードについてはSNS等でご報告させていただきます!

募集職種一覧

ABOUTこの記事をかいた人

somewrite

管理者です。