インスタ萎えする「Instagram広告」とは?可愛い女子大生5人に本音を聞いてみた


さまざまなSNSやサービスが次々と生まれ、目まぐるしく若者の流行が変化している現代。

そんな彼ら彼女たちに向けたマーケティングの最適解を見つけるべくマーケターたちが日々頭を抱えている一方で、その答えは簡単に見つからないもの。

そこで今回は、今の女子大生たちが何を考え、何にハマっているのか明らかにすべく、都内の大学に通うかわいい女子大生5人にインタビューを実施。

LINEやTwitter、Facebook、そしてInstagramなど様々なSNSを駆使する彼女たちの使いこなし術や、近年注目を浴びる「Instagram広告」に対する本音など、赤裸々に意見を語ってもらいました。

これからご紹介する内容はあくまで女子大生5人の個人的な意見ですが、参考になる話も多いはず。マーケティングに取り組む際のヒントを、ぜひ探してみてください!

<登場する女子大生のプロフィール>(トップ画像左から)
・まゆ 大学3年、21歳
・あきこ 大学3年、20歳
・ひかる 大学4年、21歳
・さわ 大学3年、20歳
・あやか 大学4年、21歳

「最近の若い子はLINE使わないって本当?」2018年版SNS使用事情とは

――まず確認しておきたいんだけど、最近の若い子はLINE使わずにInstagramのDM(ダイレクトメッセージ機能)使うって本当?

まゆ
いや、LINEでめっちゃ連絡とりますね。

――まじか。

まゆ
でも、InstagramのDMもめっちゃ使います。仲の良い友達とは、LINEで連絡しながら、同時にInstagramのDMも使ってるときもありますね。いろんな話題を同時進行させてる(笑)。
あきこ
ただ、LINEの連絡相手は絞られつつあるかもしれません。めちゃくちゃ仲の良い人はLINEで連絡するけど、そこまで関係が深くない人はInstagramのDMが多いですね。

――初めて会った人と連絡先を交換する場合って、どのSNSのアカウントを教えるの?

あきこ
Instagramですかね。LINEってアカウント情報しかわかんないけど、Instagramは過去の写真を遡れるから、どんな人なのか何となくわかるじゃないですか。SNSの中で、最もパーソナリティーがわかるアカウントってInstagramだと思います。
まゆ
でも、私の場合はLINEのアカウントにしますね。逆に、過去の自分の写真とか見られたくないから。
さわ
前はLINEだけQRコードで登録できたからそれ使ってたけど、今はInstagramもQRコードみたいなやつ※使えるようになったから、最近はそればっかり使ってる。

※QRコードみたいなやつ…2018年4月から始まったInstagramの新機能「ネームタグ」のこと。アカウント名が表示された画像を読み込むことで、プロフィールにアクセスできる

――なるほど。ちなみに、Instagramが人気なのはわかるけれど、他のSNSって何を使ってるの?

あきこ
「Snapchat※」ですね。

※Snapchat(スナップチャット)…写真や動画の共有アプリ。一度再生すると見れなくなるという特徴がある

――Instagramのストーリー機能※も、投稿した画像や動画って24時間以内に消えるじゃん。どう使い分けてるの?

※ストーリー(story)機能…Instagramのタイムラインとは別の枠に写真や動画をスライドショー形式で投稿できる機能。アップロードしてから24時間経過すると消える仕組みになっている

あきこ
Instagramはお出かけのときとかに一緒にいる友達や風景を更新してるから、自撮りは少ない。Snapchatは家の中とかで使ってて、自撮りがほとんどって感じ。

みんなInstagramのストーリーにハマっちゃって前よりもSnapchat使う友達が減ったからこそ、めちゃくちゃ仲の良い友達との間でしか使ってないですね。

本っ当にどうでもいい画像や動画を暇なときに送り合ってる感じなので、SNSの中でもかなりクローズドな使い方だと思います。内輪ネタはSnapchat。

まゆ
パリピな人ほど使ってるイメージ(笑)。

――FacebookとかTwitterは?

あやか
Twitterの使用頻度は高校時代がピークでしたね。大学に入ってから使う人が一気に減りました。
まゆ
内容がFacebook化してる気がしません?ちょっと意識高めの情報が入ってくる感じ。
あきこ
大学生の友だちは「Twitterがつまんない」って言ってました。
ひかる
Facebookも全然使ってない。唯一使ってたのは就活のときに知り合った人との連絡先交換くらい。
さわ
暇なときにFacebookを開くってことがない。メッセージ来たときだけ。
あきこ
中学のときにFacebookが流行ってたけど、そのときスマホ持ってなかったからやってなかった。大学に入って海外に行くようになってから、仲が良くなった外国人と連絡先交換するために使い始めた感じ。
まゆ
私も海外旅行によく行くけど、外国人はほとんどLINE使ってないから基本的に外国人との連絡ツールはFacebook。でも、こないだアフリカ行ったとき、イケイケ系の外国人にはInstagramのアカウント聞かれた(笑)。

――Instagramの使用頻度ってどれくらい?

あきこ
Instagramは気がついたら開いてる。もうクセになってるから、開いた後でも無意識にまた開いてて「あ、さっきも見たわ」ってなる(笑)。中毒だと思う。
まゆ
海外でオフラインのときも、気づいたら開いてる。Wi-Fiないから更新されるわけないのに(笑)。

――やっぱりInstagramはすごいわ〜。いずれFacebookとTwitterを知らない世代が増えてくるんだろうな。

<2018年版女子大生のSNS使用事情>

  • LINE・・・大事な友達との連絡ツール
  • Instagram・・・中毒レベルで使っている。投稿写真からパーソナリティーが分かるため、新しい友達との連絡先交換にも使う。ストーリー機能はお出かけ時に使用。
  • Snapchat・・・自宅内での自撮りを特定の友人に送るなど、内輪ネタの共有に使用
  • Facebook・・・ほとんど使っていない。外国人との連絡ツール程度
  • Twitter・・・ほとんど使っていない。意識高めの情報が増えてつまらなくなった

インスタ萎えするInstagram広告って?→別に広告ウザくない

――さて、本題の「インスタ萎えするInstagram広告」について聞きたいと思います!ちなみに「インスタ萎え」って言葉は、最近「インスタ映えしない、ちょっとジワる写真」的な意味で使われてると思うんだけど、今回は「ガチでうざい」って意味で使ってます。

もはやみんなが中毒レベルで使ってるInstagramだけど、タイムラインとかストーリーに、いろんな広告が表示されるようになったよね。でも、Instagramって「自分の好きなもの」しかフォローしてないのに、いきなり関係ない広告が出てくるのって、萎えるんじゃない?

まゆ
基本、萎えないですね。

――まじか。

あきこ
そうですね。自分の興味関心にカスタマイズされてる広告が多いから、普通に興味でる。

――ちなみに、どんな広告が表示されてる?

まゆ
海外旅行が好きなので、私の場合は海外に関する広告が多いですね。
まゆ
どれも写真がキレイだし、インスタグラマーの人たちが更新してそうな感じだから、適当にタイムライン眺めてたら広告だって気がつかないくらい、違和感がない。
あきこ
私はコスメやファッションに関する広告が多いですね。
あきこ
左のコスメブランド広告(動画)とか、デザインがおしゃれで思わず目がクギ付けになりました。右のショッピングサイトの広告も、自分が欲しくなるような洋服が広告に載ってるから欲しくなる。

どっちもオシャレだから、本当に広告だって気づかない。

ひかる
私も趣味に関係するものが多いです。
ひかる
この右の広告とかもInstagramでよくある構図の写真(真俯瞰)だから、タイムラインに流れてきても違和感なかったです。
さわ
私は映画関係の広告が多いですね。
さわ
やっぱり新しい作品の予告動画は見ますね。それに動画だとタイムライン眺めてたら突然再生されるから、つい見ちゃうんですよね。
まゆ
Instagramの動画広告は私も無意識的に見てる気がします。
あやか
他のメンバーと比べると、私はビジネス系の広告が多いですね。ベンチャーで学生インターンをしていたことが関係しているのかもしれません。
まゆ
就活・留学とかファッションとか興味関心に近いから、有益な情報が得られるんですよね。

――なるほど。どの広告もデザインがオシャレだし、みんなの興味関心にもぴったり。まさかのInstagram広告はウザくないのか…!

あきこ
強いて言うなら、私の友達がこないだ「ストーリーの広告がウザい」って言ってました。

――どうして?


あきこ
こういう、写真にそのままテキスト載せてる感じがダサいって。
まゆ
ストーリーは次の画像に飛ばせるので、広告だってわかったらすぐに飛ばしますね。タイムラインの広告のほうが見る。
あきこ
タイムラインの広告の場合も、画像にめっちゃテキスト書いてあるとうざいなって思います。文章載せたいならキャプションを書けばいいのにって思う。

――やっぱりInstagramの世界ではおしゃれなデザインが重要なんだね。勉強になりました!

<Instagram広告に対する女子大生の本音>

【結論】Instagram広告は、萎えない
【理由】
・自分の興味関心に沿った広告が多いため、有益な情報として捉えている
・デザインがイケてる広告が多いから、もはや広告だと気がつかない
※ただし、文字をそのままテキストに乗っけただけの広告はダサくて萎える

#(ハッシュタグ)に気をつけろ!イマドキ女子大生のInstagram使いこなし術

――Instagram広告への本音がわかったところで、最近のInstagram使いこなし術について聞こうかな。#(ハッシュタグ)って、最近どう使ってる?

まゆ
前は、やたら長い文章にハッシュタグつけたりしてたけど、最近はその日遊んだ人たちとの会話の中で盛り上がったホットワード的な#をネタでつけてますね。

――もはや「誰かと繋がるための#」じゃないんだね。

あきこ
今日ランチを食べるお店を探すときに#使いました。しかも行ったお店が超おもしろくて!

メニューに、日替わりランチの名前しか載ってないんですよ。でも、Instagramのアカウントが載ってて、アクセスするとストーリーに料理の写真が載ってるみたいな。

――すげえ。めっちゃイマドキな店だわ(笑)。

ひかる
みんな、最近は食べログじゃなくて#とかスポット※からレストラン探してますね。写真映えするおしゃれなお店が探しやすいから。

※スポット…「渋谷」「東京」など、位置情報をつけて投稿された写真を閲覧できる機能のこと

――え、食べログ見ないの?!

まゆ
使うとしたら、最後の最後に星が何個か確認するくらい。あとは値段だけ(笑)。「口コミって結局主観だし」って思っちゃうんですよね。批判がしたいだけの人もいるし。

――そういえば、いろんな人をフォローしててタイムライン見終わることってあるの?

あきこ
ないですね(笑)。だから、ちょうどみんながInstagram見てる時間を狙って投稿する人もいますよ。

アメリカに留学してたとき、友だちは日本との時差を加味した上で投稿してました。


▲まゆちゃんがInstagramに投稿した写真。自分の写真と、風景やご飯などの写真を1:5の割合で更新する、写真の色味を加工して統一感を出すなど、自分自身の中でルールを決めているそう

――すごいわ。自分の中でPDCA回してんのか。ちなみにいいね!が来やすい写真ってどんな?

あきこ
複数人が写ってる「いい写」はいいね!来やすいですね。

――い、いい写…?

まゆ
いい写真。フォトジェニックな写真ってことです。「ええ写」とも言う。
あきこ
「これ、ええ写やーん!」って使う。

基本的には人が載らないと、あんまりいいね!は来ないですね。シルエットでも来ない。料理とか景色もあんまいいね!来ない。

――みんながインスタ萎えするような投稿ってどんなん?

あきこ
自撮りがめっちゃ多い人。あとは、カップル専用アカウント作ってる人とか。

自撮りに関しては、めっちゃフォロワーが多いインスタグラマーだったらいいけど、全く有名じゃないのに自撮りとかばっかりだと「自分のこと大好き人間」に見えてイタい。

――なるほど。

さわ
たまに自撮りあげてる男の人とかいますけど、ネタに思えないようなナルシストっぽい投稿は引きますね。
まゆ
そもそも男の人はあんまりInstagramあげてほしくない。
ひかる
それはちょっとわかるかも(笑)。
あきこ
投稿が少ない人の方が印象がいい。ストーリーとかあげまくってる男の子はめんどくさそうって思っちゃう(笑)。見るだけ用のアカウント作ってる人のほうがいい。

――なんだそれ、謎だわ!(笑)

女子大生ってすごいわ…って改めて思わされたインタビューでした。めちゃくちゃ勉強になりました!今日は本当にありがとう!

5人:ありがとうございました!

<最近の女子大生のInstagram事情まとめ>

  • #(ハッシュタグ)はその日のホットワードを書く。誰かと繋がるためじゃない
  • 食べログ見ない世代。お店探しはInstagramの#もしくはスポットから
  • 合言葉は、「これ、ええ写やーん!」
  • 自撮りはネタなら許される
  • 投稿数が少ない男性ほど、好感度が高い

ABOUTこの記事をかいた人

戸口 実花

2017年入社、コンテンツ本部所属。海外旅行と日本のローカル線、民宿が好き。