Pocket


6月19日(金)にサムライトオフィスで開催された「オウンドメディアってどうナンダ?」。

オウンドメディアの効果をテーマとして、不動産業界の人気オウンドメディアである「イエマミレ」を運営するiettyのマーケティング部長の津田智史氏、オウンドメディア界の代表格となっている「サイボウズ式」編集長の藤村能光氏、そしてオウンドメディアのパイオニア的存在である「LIGブログ」編集長の朽木誠一郎氏の3名に登壇していただきました。モデレーターを務めるのはオウンドメディアの立ち上げ・運営支援を行なう弊社サムライト代表の柴田泰成。

今回のアジェンダは以下のようになっています。

①各オウンドメディアが追っているKPIを大公開!
②指標達成のための施策って?
③オウンドメディアがもたらした効果(実例も紹介)
④オウンドメディアって、これからどうなるんだろう?

人気オウンドメディアの運営担当者に、オウンドメディアの効果や今後に関してホンネで語っていただきました。

1. 各オウンドメディアが追っているKPI

一つ目のセッションは、各オウンドメディアが追っているKPIに関して。この質問に対する各社の回答は以下の通り。

イエマミレ
サイボウズ式
LIGブログ
①PV
②CVR(本サイトの会員登録と成約率)
特になし(定性的な反響を見る)
①PV/UU
②ページセッション比
③リピート率

各社が異なる目標を追っているのが見て取れます。

2. 指標達成のための施策

次のテーマは、先ほどの目標を達成するために各社が行なっている施策。

イエマミレ
サイボウズ式
LIGブログ
記事ごとの登録数/成約率からキーワードの選定
様々なメディアとのコラボも実施
①SEO施策
②バズ施策
③ファンとのコミュニケーション等

内部で完結できる施策と外部との連携により行なう施策に大きく分かれています。目標をどこに置くのかによって、それを達成するために取るべき方法が変わってくるのかもしれません。

3. オウンドメディアがもたらした効果

Q&Aを挟んだあとに行われた3番目のセッションでは、オウンドメディアがもたらしたものに関して話していただきました。

イエマミレ
サイボウズ式
LIGブログ
①会員登録増
②イエッティ君の認知度UP
①社内外認知
②新卒採用
③マーケティングのR&D
①競合優位性の獲得
②インバウンド増
③メディアの主力事業化

メディアの方針をしっかり固めておくことで、オウンドメディアは多種多様な目的を果たすために活用することが出来るということが見て取れます。

4. オウンドメディアのこれから

最後に伺ったのは、オウンドメディアのこれから。現在オウンドメディアを運営している皆様はその今後をどのように考えているのでしょうか。

イエマミレ
サイボウズ式
LIGブログ
いろいろ言いたいです(笑)
分かりません(笑)
成功する企業と失敗する企業の二極化が進行

一番印象的なのは、LIGの朽木さんがおっしゃっていた成功する企業と失敗する企業が二極化するということ。きちんとメディアとしての目的を設計し、その効果を追いかけていかないと成功に導くのが難しくなると考えられるのではないでしょうか。

今回は代表的なオウンドメディアを運営する3人の担当者の方にご登壇いただきました。それぞれの方が異なった考え方、行動をとっているのが面白いですね。

成功しているオウンドメディアが異なる考え方をしているというところに、オウンドメディア運営に決まった正解がないということを表しているのだと思います。

Pocket